Mahara Open Forum in Chiba : MOF2015

by Mahara

Maharaユーザコミュニティ(Fレックス)サイト

MOF2015のリーフレット:第2版

MOF2015の概要

第6回Maharaオープンフォーラム(MOF)2015は,2015年10月10日(土)〜11日(日)に放送大学で開催いたします.

 

 【大会概要】

  • テーマ:「教育ビッグデータの活用に向けたMahara」
  • 日時:2015年10月10日(土),11日(日)
  • 会場:放送大学 附属図書館3階 AVホール
    千葉市美浜区若葉2-11
    http://www.ouj.ac.jp/hp/gaiyo/access.html
  • 主催:Mahara User Group Japan運営委員会
       MUG-Japan運営委員長:森本康彦(東京学芸大学)
       MOF2015運営委員長:秋光淳生(放送大学)
  • 大会参加費:2000円(当日払い)
    ただし,学生:無料 
  • 情報交換会:10/10(土)フォーラム終了後
    会場:放送大学
    参加費:3000円(当日払い)

 

【事前参加申込】
会場設営や領収書の準備等のため,事前参加申込にご協力ください.
特に情報交換会は当日の申込ができない可能性があります.
事前参加申込は10月5日(月)まででしたが,当日参加も受け付けますので,ご興味がある方はご参加ください.

 

【スケジュール】
7月13日(月):論文発表申込開始(タイトルと概要のみ)
8月7日(金):論文発表申込締切
9月7日(月):事前参加申込開始
9月11日(金):論文投稿締切(カメラレディ原稿)
10月2日(金):事前参加申込締切
10月10日(土)-11日(日):MOF開催

 

【発表申込】
招待講演及びパネルディスカッションの他に,Maharaを利用した授業実践や教育システム設計等の一般発表も実施します.そのため,一般発表(オーラルセッションのみ)を募集します.発表時間は1件につき30分(発表18分+質疑10分+交代2分)を予定しています.

 

【講演論文集原稿について】
講演論文集原稿を2015年9月11日までにメールに添付して,mahara.openforum+yoko@gmail.comへ提出してください.
論文集の原稿は,情報処理学会の原稿作成要領を踏襲しますので,下記をご覧ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
(上記のwordtemp.zipを展開ののち,sig-ms2012.dotを利用していただければ良いですが,ヘッダーとフッターにある「情報処理学会研 究会報告」や「Information Processing Society of Japan」の表記は削除をお願いします)
今回は,電子ファイルとして配布しますので,ページ数の制限は特に設けません.
Maharaユーザコミュニティのホームページにて日本語及び英語でプログラムを公開するため,発表タイトル・発表者名・所属名・発表要旨は英語でも表記してください.

 

Maharaユーザコミュニティ(Fレックス)サイトへ戻る

(詳細)

MOF2015の会場

MOF2015のプログラム

第6回Maharaオープンフォーラムin千葉(MOF2015)のプログラムです.
 
◎10月10日(土)

12:30~ 受付開始

13:00~13:10 開会挨拶・趣旨説明:秋光淳生(放送大学,MOF2015運営委員長)
 

13:10~13:40 招待講演1「Mahara15.10について(仮題)」
Kristina D.C. Hoeppner(Catalyst IT)【ニュージーランドから遠隔講演】
 

13:50~14:50 招待講演2「MOOCsとLearning Analytics(仮題)」
山田恒夫(放送大学)(発表45分+質疑15分)
 

15:00〜16:30 一般セッション1
(1件:発表18分+質疑12分)

(1)「SECIモデルとeポートフォリオ・リテラシースキルを用いた授業設計」
田中洋一(仁愛女子短期大学),山川修(福井県立大学)

(2)「ポートフォリオ・リテラシーの育成とダッシュボードの設計」
佐藤眞久,吉川雅修,奥原利昌(山梨大学),田中雅貴(株式会社カルク),日永龍彦(山梨大学)

(3)「通信制大学における学修活動理解の試み」
秋光淳生,秦野努,三輪眞木子,仁科エミ(放送大学)
 

16:40〜17:40 一般セッション2(1件:発表18分+質疑12分) 

(4)「PBLにおけるMaharaの利用 -ペーパーレスを目指したピア評価システム-」
堀場文彰,鈴木茂孝(藤田保健衛生大学),遠藤大二(酪農学園大学),若月徹,大槻真嗣(藤田保健衛生大学)

(5)「プレゼンテーション学習におけるルーブリックのピア評価について 〜2,361件データに対する分析〜」
亀田真澄(山口東京理科大学)

 

18:00~20:30 情報交換会(放送大学)
 
 

◎10月11日(日)

8:30~ 受付開始

9:00〜10:00 一般セッション3(1件:発表18分+質疑12分)

(6)「マハラン・コネクション〜MaharaとLMSを接続する」
隅谷孝洋, 秋元志美, 原田久美(広島大学)

(7)「複数システムで一貫した用語を使用する手法の提案 -Mahara, Moodle, Sakai CLEによる共通翻訳メモリ-」
宮崎誠(畿央大学),平岡斉士(熊本大学),常盤祐司(法政大学),出口大輔(名古屋大学),喜多敏博(熊本大学),梶田将司(京都大学)
 

10:10〜11:10 パネルディスカッション「高等教育で全学的にMaharaを利用する意義と課題」
進行:山川修(福井県立大学)
パネリスト:緒方広明(九州大学),高橋暁子(徳島大学)
 

11:20〜11:50 クロージングセッション「Mahara User Group Japanの設立とeポートフォリオのこれから」
進行:田中洋一(仁愛女子短期大学)
パネリスト:森本康彦(東京学芸大学,MUG-Japan運営委員長)
 

11:50〜12:00 閉会挨拶:秋光淳生(放送大学,MOF2015運営委員長)
 

(詳細)

Kristinaさんの発表

MOF2015 Program

Mahara Open Forum 2015

 

Day 1 - Saturday 10th October

12:30~ Arrival and Registration

13:00~13:10 Opening Address - Conference Organisers

13:10~13:40 Keynote Address 1 「Tour through Mahara 15.10」 Kristina D.C. Hoeppner(Catalyst IT)【remote presentation

13:50~14:50 Keynote Address 2 「MOOCs and Learning Analytics」 Tsuneo Yamada(The Open University of Japan)

15:00~16:30 Session1 
(1)「Instructional Design using SECI model and e-Portfolio Literacy Skill」Yoichi Tanaka(Jin-ai Women's College), Osamu Yamakawa(Fukui Prefectural University)
(2)「The formation of 'Portfolio Literacy' and the design of Dashboard」Masahisa Sato,  Masanobu Yoshikawa, Toshimasa Okuhara(University of Yamanashi), Masataka Tanaka(CALC Co.,LTD.),  Tatsuhiko Hinaga(University of Yamanashi)
(3)「The trial of understanding of learners' activities in correspondence education」Toshio Akimitsu, Tsutomu Hatano, Makiko Miwa, Emi Nishina(The Open University of Japan)

16:00~17:30 Session2
(4)「Using of Mahara in PBL -Peer evaluation system with the aim paperless」Fumiaki Horiba, Shigetaka Suzuki(Fujita Health University), Daiji Endoh(Rakuno Gakuen University), Toru Wakatsuki, Masatsugu Ohtsuki(Fujita Health University)
(5)「About peer evaluations of the rubric in presentation learning -the analysis of 2,361 items data-」Masumi Kameda(Tokyo University of Science, Yamaguchi)

18:00~20:30 Social Dinner


Day 2 - Sunday 11th October

8:30~ Arrival and Registration

9:00~10:00 Session3
(6)「Maharan Connection– Make a Connection between Mahara and LMS –」Takahiro Sumiya, Yukimi Akimoto, Kumi Harada(Hiroshima University)
(7)「A proposal for technique to use common terms among multiple systems - Common translation memory by Mahara, Moodle and Sakai CLE -」Makoto Miyazaki(Kio University), Naoshi Hiraoka(Kumamoto University), Yuji Tokiwa(Hosei University), Daisuke Deguchi(Nagoya University), Toshihiro Kita(Kumamoto University), Shoji Kajita(Kyoto University)

10:10~11:10 Keynote Panel
Theme「The merit and the problem for which Mahara is used by many students in higher education 」
Coordinator:Osamu Yamakawa(Fukui Prefectural University)
Panelist:Hiroaki Ogata(Kyushu University), Akiko Takahashi(Tokushima University)

11:20~11:50 Closing Session
Theme「 About establishment of MUG Japan. And future of ePortfolio.」
Coordinator:Yoichi Tanaka(Jin-ai Women's College)
Panelist:Yasuhiko Morimoto(Tokyo Gakugei University)

11:50~12:00 Closing Address - Conference Organisers

(詳細)