コレクション: Maharaを利用したWebページの作成方法

Webページ作成方法

このページの説明

Maharaを利用するとWebページ(ホームページ)作成がドラッグ&ドロップだけで簡単に行えます。

このページではMaharaを利用したWebページの作成方法について解説します。

(詳細)

このページのアドレス

アドレスの変更に関して

Maharaでは簡単にWebページが作成できますが、そのアドレス(URL)には数字等が入り、あまり分かりやすいものではありません。たとえば、このページのアドレスは、

http://eport.f-leccs.jp/view/view.php?id=8796

となっています。

これでは、一般のWebページのアドレスとしては都合が悪いので、Fレックスでは、任意の文字列におきかえることができるようなカスタマイズを実施しました。

その結果、このページのアドレスは

http://eport.f-leccs.jp/webpage

で表示できるようになりました。

Maharaで作成できるWebページは、個人のWebページと、グループのWebページの2つがあり、それぞれでアドレス変更のやり方が違いますので、別々に解説します。

(詳細)

個人Webページのアドレス変更方法

Fレックスのユーザ限定のカスタマイズなのでご注意ください

http://eport.f-leccs.jp/pweb

(詳細)

グループWebページのアドレス変更方法

Fレックスのユーザ限定のカスタマイズなのでご注意ください

http://eport.f-leccs.jp/gweb

(詳細)

Maharaを利用したWebページ作成の手順

Maharaを利用したWebページ作成手順に関して以下の順で説明をいたします。

(1)ページ作成
(2)ページタイトルを設定
(3)最初のページ画面
(4)コンテンツの編集(テキストボックスの配置)
(5)コンテンツの編集(テキストボックスの入力)
(6)コンテンツの編集(テキストボックスの再編集、削除、再配置)
(7)表示の確認
(8)公開の設定

(詳細)

(1)ページ作成

Maharaを利用したWebページの作成に関して、順を追って説明していきます。

まず、Maharaにログインしていただくと、ユーザ別の「ダッシュボード」という画面が開きます。

そこから、「マイポートフォリオ」タグをクリックしマイポートフォリオ画面(図1)を開き、「ページを作成する」ボタンをクリックすることで、ページ作成モードに入ります。

(詳細)

図1 マイポートフォリオ画面

(詳細)

(2)ページタイトルを設定

ページ作成モードに入ると、最初に「タイトルおよび説明を編集する」画面(図2)が開くので、ページタイトルを入力し、「保存」をクリックします。

(詳細)

図2 タイトルおよび説明を編集する画面

(詳細)

(3)最初のページ画面

すると、コンテンツを編集する画面(図3)が開きます。Maharaでは、この画面上部にあるコンテンツを、下部(ページ)にドラッグ&ドロップすることにより、Webページを作成することができます。

Webページのレイアウトは、最初は3列レイアウトです。レイアウトを編集するというボタンをクリックすることにより、レイアウトを変更することが可能になります。

(詳細)

図3 コンテンツを編集する画面

(4)コンテンツの編集(テキストボックスの配置)

最初にテキストボックス(自由に文章を記入できる箱)をWebページに配置してみましょう。

画面上部にある「一般」をクリックし、その中の一番右のアイコン(テキストボックス)を下のページの一番左側までドラッグ&ドロップします(図4)。

(テキストボックスと同様にファイル、画像(イメージ)、日誌(ブログ)などの配置が可能です。)

(詳細)

図4 テキストボックスのドラッグ&ドロップ

(詳細)

(5)コンテンツの編集(テキストボックスの入力)

テキストボックスの設定画面(図5)が開きますので、「タイトル」「コンテンツ」を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

(詳細)

図5 テキストボックス設定画面

(詳細)

(6)コンテンツの編集(テキストボックスの再編集、削除、再配置)

図6に、Webページに配置されたテキストボックスを示します。テキストボックスの右上にある2つのボタンにより、「テキストボックスの編集」「テキストボックスの削除」が可能になります。

また、配置したテキストボックスは、タイトル(「ページの説明」のあたり)にマウスを持って行き、そこからドラッグ&ドロップを行うことにより、配置した場所を変更することが可能です。

(詳細)

図6 Webページ上に配置されたテキストボックス

(詳細)

(7)表示の確認

この段階では公開されていませんので、作成者以外の誰もこのWebページを見ることはできませんが、公開する前に、表示の確認をしておきます。

一番上にある「ページを表示する」ボタンをクリックすることで、公開された時にどのように見えるかを確認することができます(図7)。

(詳細)

図7 公開された時の見え方

(8)公開の設定

最後に、作成したページを公開する設定を行います。

Maharaは作成したページを誰に公開するかを、個人から、グループ、インターネット全体まで細かく設定できます。

ここでは、インターネットに公開するための設定を説明します。

編集モード画面で、一番上にある「ページを共有する」をクリックして「アクセスを編集する」画面を開きます(図8)。

その画面上で、共有対象にある「パブリック」の左にある「追加」ボタンをクリックすると、右側の「追加済み」に「パブリック」が追加され、この状態で、一番下にある「保存」ボタンをクリックすると、インターネットからこのWebページがアクセス可能になります。

なお、アクセス日時の開始日と終了日を設定するとアクセスできる期間を制限することも可能になります。アクセス日時を設定しなければ期間の制限はされません。

(詳細)

図8 アクセスを編集する画面