Maharaユーザコミュニティ

by Mahara

オープンソースeポートフォリオシステムMaharaの教育利用等について、発信していくサイトです。本サイトは、Fレックスが運営しています。

Fレックスのロゴ

福井県学習コミュニティ推進協議会(Fレックス)
http://f-leccs.jp/

Maharaユーザコミュニティ(MUC)Webサイト(このサイト)
http://eport.f-leccs.jp/muc/

Maharaユーザコミュニティ(MUC)への問い合わせ先
muc-admin@f-leccs.jp

facebookの公開グループ「Maharaユーザコミュニティ」http://www.facebook.com/?ref=home#!/groups/276312272389033/)を作成しました。参加者も増え、日常的にMaharaの情報が流れるようになって参りましたので、是非、ご参加ください。

Maharaユーザコミュニティ(MUC)内のML https://groups.google.com/group/mahara-users?hl=ja)も同時運用していきますが、こちらは、現在、イベントの案内程度しか情報が流れておりませんので、是非、facebook上での活発な議論にご参加ください。

Maharaユーザコミュニティ(MUC)内の日常的なコミュニケーションのためにML(メーリングリスト)を運用しています。MLへ参加を希望される方は、下記Webページの中にある「このグループに参加する」をクリックしてください。

Googleグループ「Mahara-Users」
http://groups.google.com/group/mahara-users?hl=ja

Mahara利用のための資料

mahara_gu...eccs.pdf

Mahara(1.3用)活用ガイド(Fレックス作成)

4.1MB | | 詳細

mahara_gu...kuno.pdf

Mahara(1.3用)作成マニュアル(酪農学園大学作成)

6.7MB | | 詳細

Maharaの使い方.pptx

Mahara(1.4用)の使い方(東京外国語大学作成)

960.7KB | | 詳細

Maharaは、作成したポートフォリオ(ビュー)をインターネットに公開することも可能です。インターネットに公開されたポートフォリオは通常のWebページとして機能します。Maharaを利用したWebページのサンプルを以下に示します。

第5回Maharaオープンフォーラム(MOF)2014は,2014年9月27日(土)、28日(日)に広島修道大学で開催いたします.

2014年7月10日より,一般発表申込を開始しました!

 

【大会概要】

  • テーマ:「eポートフォリオの未来を考える」
  • 日時:2014年9月27日(土),28日(日)
  • 会場:広島修道大学 3号館3101教室
    http://www.shudo-u.ac.jp/campus_map.html
  • 主催:MOF2014運営委員会
    [委員長:大澤真也(広島修道大学)]
  • 大会参加費:2000円(当日払い)
    ただし,学生:無料 
  • 情報交換会:9/27(土)フォーラム終了後
    会場:広島市中心部(大学よりバス移動予定)
    参加費:5000円(当日払い)

 

【発表申込】
招待講演及びパネルディスカッションの他に,Maharaを利用した授業実践や教育システム設計等の一般発表も実施します.そのため,一般発表(オーラルセッションのみ)を募集します.発表時間は1件につき25分(発表15分+質疑)を予定しています.
発表申込締切は8月11日ですので,下記発表申込フォームより申し込みください.
http://goo.gl/2KVde0

 

【発表スケジュール】

7月10日:論文発表申込開始(タイトルと概要のみ)
8月11日:論文発表申込締切
8月12日:事前参加申込開始
9月8日:論文投稿締切(カメラレディ原稿)
9月12日:事前参加申込締切
9月27日-28日 MOF開催

 

【講演論文集原稿について】
講演論文集原稿を2014年9月8日までにメールに添付して,mahara.openforum+yoko@gmail.comへ提出してください.
論文集の原稿は,情報処理学会の原稿作成要領を踏襲しますので,下記をご覧ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
(上記のwordtemp.zipを展開ののち,sig-ms2012.dotを利用していただければ良いですが,ヘッダーとフッターにある「情報処理学会研 究会報告」や「Information Processing Society of Japan」の表記は削除をお願いします)
今回は,電子ファイルとして配布しますので,ページ数の制限は特に設けません.
Maharaユーザコミュニティのホームページにて日本語及び英語でプログラムを公開するため,発表タイトル・発表者名・所属名・発表要旨は英語でも表記してください.

MOF2013の概要

MOF2013講演論文集(PDF約9MB)

MOF2013スライド資料

13_MOF201..._pub.pdf

特別講演:宮崎誠(法政大学)

4.8MB | | 詳細

morimoto.pdf

特別講演:森本康彦 (東京学芸大学)

1.3MB | | 詳細

tanaka.pdf

海外事例:田中洋一(仁愛女子短期大学)

4.2MB | | 詳細

20130915k...line.pdf

海外事例:久保田真一郎(宮崎大学)

1.9MB | | 詳細

13_MOF201..._pub.pdf

海外事例:宮崎誠(法政大学)

7.2MB | | 詳細

hiraoka.pdf

海外事例:平岡斉士(京都大学)

1.5MB | | 詳細

a13_MOF20...0914.pdf

招待講演:小川賀代(日本女子大学)

3.1MB | | 詳細

MOF2012の概要

MOF2012講演論文集

MOF2012の講演映像のVODです。

MOF2012招待講演スライド

MOF2011の概要

mof2011_leaflet.pdf

Maharaオープンフォーラム2011のチラシ

1.1MB | | 詳細

MOF2011講演論文集

MOF2011-P...-new.pdf

Maharaオープンフォーラム2011講演論文集

6.1MB | | 詳細

MOF2011の講演映像のVODです。

MOF2011一般発表スライド資料

MOF2011_ozawa.pdf

大澤真也(広島修道大学)

7.4MB | | 詳細

MOF2011_endo.pdf

遠藤大二(酪農学園大学)

604.6KB | | 詳細

MOF2011_sawazaki.pdf

澤崎敏文(仁愛大学・仁愛女子短期大学)

1.1MB | | 詳細

MOF2011_hiratuka.pdf

平塚紘一郎(仁愛女子短期大学)

96.3KB | | 詳細

MOF2011_uchida.pdf

内田英二(酪農学園大学)

854.1KB | | 詳細

MOF2011_irisawa.pdf

入澤学(敦賀短期大学)

640.6KB | | 詳細

MOF2011_tanaka.pdf

田中洋一(仁愛女子短期大学)

475KB | | 詳細

MOF2011_yamakawa.pdf

山川修(福井県立大学)

227.5KB | | 詳細

MOF2010の概要

mof2010_leaflet.pdf

Maharaオープンフォーラム2010のチラシ

780.3KB | | 詳細

Maharaオープンフォーラム2010の講演映像のVODです。
ここをクリックしてください。

MOF2010のスライド資料

mof2010_morimoto.pdf

森本康彦(東京学芸大学)

1.1MB | | 詳細

mof2010_kubota.pdf

久保田真一郎(熊本大学)

706.3KB | | 詳細

mof2010_endo.pdf

遠藤大二(酪農学園大学)

1.4MB | | 詳細

mof2010_tanaka.pdf

田中洋一(仁愛女子短期大学)

1.4MB | | 詳細