Maharaユーザコミュニティ

by Mahara

Maharaユーザコミュニティ(MUC)

本サイトは,オープンソーツeポートフォリオMaharaのユーザコミュニティサイト(Fレックス運営)です.

運営するFレックス公式Webサイト
http://f-leccs.jp/

Maharaユーザコミュニティ(MUC)Webサイト【本サイト】
http://eport.f-leccs.jp/muc/

Maharaユーザコミュニティ(MUC)運営者のメールアドレス
muc-admin@f-leccs.jp

Maharaユーザコミュニティ公開グループ@facebook

facebookの公開グループ「Maharaユーザコミュニティ」http://www.facebook.com/?ref=home#!/groups/276312272389033/)を作成しました。参加者も増え、日常的にMaharaの情報が流れるようになって参りましたので、是非、ご参加ください。

(詳細)

Maharaに関するサイトリンク集

MOF2016の告知

第7回Maharaオープンフォーラム(MOF)2016は,2016年9月7日(水)〜8日(木)に山梨大学で開催いたします.

現在,事前参加の申込実施中です.
事前参加申込締切を8月12日(金)まで延長しました!

 

基調講演やパネルディスカッションでは,3つのポリシーの策定とそれに基づく学力の多面的な育成・評価といった今後の教育改革において,eポートフォリオをどのように活用して教育の質を保証するのかについて議論する予定です.

基調講演は東京学芸大学の森本康彦氏に決定しました.

また,Mahara開発やコミュニティ連携を担当しているCatalyst ITのKristina D.C. Hoeppner氏から遠隔講演をしていただく予定です.

 

【大会概要】

  • テーマ:「eポートフォリオを用いて、学習の過程と成果を可視化する」
  • 日時:2016年9月7日(水),8日(木)
  • 会場:山梨大学 甲府キャンパス
    山梨県甲府市武田4-4-37
    http://www.yamanashi.ac.jp/access-map
  • 主催:
    山梨大学大学教育センター
    MOF2016運営委員長:佐藤眞久(山梨大学),
    Mahara User Group Japan運営委員会
    MUG-Japan運営委員長:森本康彦(東京学芸大学)
  • 大会参加費:2000円を予定(当日払い)
    ただし,学生及び山梨大学教職員:無料 
  • 情報交換会:9/7(水)フォーラム終了後
    会場:山梨大学大学会館ラウンジ
    参加費:3000円を予定(当日払い)

 

 【スケジュール】
7月5日(火):事前参加申込開始
7月5日(火):論文発表申込開始
      (タイトルと概要のみ)

7月22日(金) 8月5日(金)に延長:論文発表申込締切
8月8日(月) 8月12日(金)に延長:論文投稿締切(カメラレディ原稿)
8月8日(月) 8月12日(金)に延長:事前参加申込締切
9月7日-8日 MOF2016開催

 

【事前参加申込】
会場設営や領収書の準備等のため,事前参加申込にご協力ください.
特に情報交換会は当日の申込ができない可能性があります.

事前参加申込は8月12日(金)までですので,お早めに下記サイトより申し込みください.

http://goo.gl/forms/s1Ev1g12PEfArKVr2

 

【発表申込】
招待講演及びパネルディスカッションの他に,Maharaを利用した授業実践や教育システム設計等の一般発表も実施します.そのため,一般発表(オーラルセッションのみ)を募集します.発表時間は1件につき30分(発表18分+質疑10分+交代2分)を予定しています.

発表申込は終了いたしました.発表申込ありがとうございました.

 

【講演論文集原稿について】
講演論文集原稿を2016年8月12日(金)までにメールに添付して,mahara.openforum+yoko@gmail.comへ提出してください.
論文集の原稿は,情報処理学会の原稿作成要領を踏襲しますので,下記をご覧ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
(上記のwordtemp.zipを展開ののち,sig-ms2012.dotを利用していただければ良いですが,ヘッダーとフッターにある「情報処理学会研 究会報告」や「Information Processing Society of Japan」の表記は削除をお願いします)
今回は,電子ファイルとして配布しますので,ページ数の制限は特に設けません.
Maharaユーザコミュニティのホームページにて日本語及び英語でプログラムを公開するため,発表タイトル・発表者名・所属名・発表要旨は英語でも表記してください.

 

MOF2016 info.

Mahara Open Forum 2016

University of Yamanashi, Kofu: September 7-8, 2016

MOF2015 Info

Mahara Open Forum 2015

The Open University of Japan, Chiba: October 10-11, 2015

 

(詳細)

MOF2015の告知

第6回Maharaオープンフォーラム(MOF)2015は,2015年10月10日(土)〜11日(日)に放送大学で開催いたします.

 

 【大会概要】

  • テーマ:「教育ビッグデータの活用に向けたMahara」
  • 日時:2015年10月10日(土),11日(日)
  • 会場:放送大学 附属図書館3階 AVホール
    千葉市美浜区若葉2-11
    http://www.ouj.ac.jp/hp/gaiyo/access.html
  • 主催:Mahara User Group Japan運営委員会
       MUG-Japan運営委員長:森本康彦(東京学芸大学)
       MOF2015運営委員長:秋光淳生(放送大学)
  • 大会参加費:2000円(当日払い)
    ただし,学生:無料 
  • 情報交換会:10/10(土)フォーラム終了後
    会場:放送大学
    参加費:3000円(当日払い)

 

【プログラム】

MOF2015のプログラムへのリンクです.

 

【事前参加申込】
会場設営や領収書の準備等のため,事前参加申込にご協力ください.
特に情報交換会は当日の申込ができない可能性があります.

事前参加申込は10月5日(月)まででしたが,当日参加も受け付けますので,ご興味がある方はご参加ください.

 

【スケジュール】
7月13日(月):論文発表申込開始(タイトルと概要のみ)
8月7日(金):論文発表申込締切
9月7日(月):事前参加申込開始
9月11日(金):論文投稿締切(カメラレディ原稿)
10月2日(金):事前参加申込締切
10月10日-11日 MOF開催

 

【発表申込】
招待講演及びパネルディスカッションの他に,Maharaを利用した授業実践や教育システム設計等の一般発表も実施します.そのため,一般発表(オーラルセッションのみ)を募集します.発表時間は1件につき30分(発表18分+質疑10分+交代2分)を予定しています.

一般発表の申し込みは,8/7(金)で終了しました.
多数の申し込みありがとうございました.
また,自動返信システムが正常に動いておらず,発表申込者にはご迷惑をお掛けしました.

 

【講演論文集原稿について】
講演論文集原稿を2015年9月11日までにメールに添付して,mahara.openforum+yoko@gmail.comへ提出してください.
論文集の原稿は,情報処理学会の原稿作成要領を踏襲しますので,下記をご覧ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
(上記のwordtemp.zipを展開ののち,sig-ms2012.dotを利用していただければ良いですが,ヘッダーとフッターにある「情報処理学会研 究会報告」や「Information Processing Society of Japan」の表記は削除をお願いします)
今回は,電子ファイルとして配布しますので,ページ数の制限は特に設けません.
Maharaユーザコミュニティのホームページにて日本語及び英語でプログラムを公開するため,発表タイトル・発表者名・所属名・発表要旨は英語でも表記してください.

(詳細)

MOF2014の開催告知

第5回Maharaオープンフォーラム(MOF)2014は,2014年9月27日(土)、28日(日)に広島修道大学で開催いたします.

 

【大会概要】

  • テーマ:「eポートフォリオの未来を考える」
  • 日時:2014年9月27日(土),28日(日)
  • 会場:広島修道大学 3号館3101教室
    http://www.shudo-u.ac.jp/campus_map.html
  • 主催:MOF2014運営委員会
    [委員長:大澤真也(広島修道大学)]
  • 大会参加費:2000円 1000円(当日払い)
    ただし,学生:無料 
  • 情報交換会:9/27(土)フォーラム終了後
    会場:広島市中心部(大学よりバス移動予定)
    参加費:5000円(当日払い)

 

 

【プログラム】

MOF2014のプログラムへのリンクです.

 

【事前参加申込】
会場設営や領収書の準備等のため,事前参加申込にご協力ください.
特に情報交換会は当日の申込ができない可能性があります.
事前参加申込は9月17日(水)18時にて終了しました.

(詳細)

MOF2016のプログラム

第7回Maharaオープンフォーラムin甲府(MOF2016)のプログラム案です.

※一部変更になる場合もあります.


 
◎9月7日(水)

12:30~ 受付開始

13:00~13:10 開会挨拶:佐藤眞久(山梨大学),趣旨説明:田中洋一(仁愛女子短期大学)
 

13:10~13:40 招待講演1「SmartEvidence and other new features in Mahara 16.10」
Kristina D.C. Hoeppner(Catalyst IT)【ニュージーランドから遠隔講演】
要旨:Over the years, the use of ePortfolios has evolved and so has Mahara. While it was a pure personal learning environment in the beginning that suited the needs of its learners, the integration with Moodle and the ability to submit portfolios in Mahara itself brought along basic assessment functionality. That way, Mahara can be used more flexibly and for more portfolio purposes.In Mahara 16.10, a new feature is going to be added: SmartEvidence. It will allow learners and institutions to work with competency frameworks and align portfolios to them.In this presentation, we will showcase the SmartEvidence functionality and also discuss some of the other new features that will be available in Mahara 16.10.
 

 

13:50~14:50 招待講演2「eポートフォリオがもたらす新しい学びのカタチ」(発表45分+質疑15分)
森本康彦(東京学芸大学)
 

15:00〜16:30 一般セッション1(1件:発表18分+質疑12分)進行:隅谷孝洋(広島大学)

(1)「Landscapes of Practiceを支援するeポートフォリオシステムには何が必要か」
山川修(福井県立大学)

(2)「大学院におけるMaharaを用いた授業の学びを促進させるための授業改善」
伊藤明裕,丸山浩平,森本康彦(東京学芸大学)

(3)「大学体育におけるMaharaの利用-体験学習としての体育実技-」
若月徹,宮澤(桂華)麻希,堀場文彰,鴨下淳一,櫻井麗子,杉本龍哉(藤田保健衛生大学),遠藤大二(酪農学園大学),鈴木茂孝(藤田保健衛生大学)
 

16:40〜17:40 ポスターセッション「山梨大学の事例紹介」

  • 教職カルテ(教育学部および工学部・生命環境学部で利用)
  • 看護学科での入学時から卒業までのキャリアポートフォリオ(的な利用)
  • 工学部での卒業研究日誌としての利用
  • グローバル人材育成プログラムの学習履歴の蓄積
  • 授業での学習内容の蓄積と振り返りのためのポートフォリオ利用

 

18:00~20:30 情報交換会(山梨大学)
 
 

◎9月8日(木)

8:30~ 受付開始

9:00〜10:00 一般セッション2(1件:発表18分+質疑12分)進行:秋光淳生(放送大学)

(4)「学期・科目をまたがるアーティファクト集積とリフレクションの誘発の試み」
樋口三郎(龍谷大学)

(5)「ファイブ・イヤーズ・イン・マハラ」
秋元志美, 原田久美, 隅谷孝洋, 堺原恵, 井上雅晴(広島大学), 頼藤勇斗(SCSK)
 

10:10〜11:40 パネルディスカッション「eポートフォリオを用いた学習成果の可視化」
コーディネータ:山川修(福井県立大学)
パネリスト:宮崎誠(畿央大学),田中洋一(仁愛女子短期大学),日永龍彦(山梨大学)
 

11:50〜12:20 クロージングセッション「Maharaのこれから」
進行:田中洋一(仁愛女子短期大学)
 

12:20〜12:30 閉会挨拶:佐藤眞久(山梨大学)

Mahara利用のための資料

Mahara利用のポートフォリオ例

Maharaは、作成したポートフォリオ(ビュー)をインターネットに公開することも可能です。インターネットに公開されたポートフォリオは通常のWebページとして機能します。Maharaを利用したWebページのサンプルを以下に示します。

(詳細)

MOF2013のVOD公開

MOF2013スライド資料

MOF2012のVOD公開

MOF2012の講演映像のVODです。

(詳細)

MOF2012 twitterのまとめ

MOF2011の概要

MOF2011講演論文集

MOF2011のVOD公開

MOF2011の講演映像のVODです。

(詳細)

MOF2011 twitterのまとめ

MOF2011一般発表スライド資料

MOF2010の概要

MOF2010のVOD

Maharaオープンフォーラム2010の講演映像のVODです。
ここをクリックしてください。

(詳細)

MOF2010のスライド資料